当クリニックについて About us

トップページ > 当クリニックについて > 院長・スタッフ紹介

院長の紹介

院長 : 反田 克彦(そりた かつひこ/ Katsuhiko Sorita)

あきらめていたことを取りもどしましょう。友達、学校、結婚、子育て、仕事。大切なのは夢を持つこと。それをできるだけはっきりと思い描くこと。そうすれば夢は現実になります。どうぞ、よろしくお願いいたします。
反田 克彦(そりた かつひこ)

あさなぎ「心療」録とは別で個人的に「さなぎ日記」というブログを書いています。病気のこと、映画のこと、食べもののことなど肩のこらない内容です。ご興味のある方はぜひどうぞ。 (>>「さなぎ日記」はこちら

資格・所属学会など
・精神科専門医
・精神保健指定医
・医療観察法・判定医
・産業医

・日本精神神経学会
・日本医師会
・日本精神神経科診療所協会
・山梨県精神神経科診療所協会・会長
・うつ病リワーク研究会
・山梨いのちのセーフティーネット連絡協議会委員
・山梨県メディカルコントロール協議会委員
・山梨県精神科救急医療事業連絡調整委員会委員
・発達障害等に対する総合支援基本機構策定委員会委員
・甲府市医師会・認知症対策委員
・認知症サポート医

・甲府家庭裁判所・嘱託医
・山梨大学学校医
・思春期コンサルタント(山梨県精神保健福祉センター)
・山梨県教育委員会嘱託医


生い立ち

 山梨で育ちました。ふたり兄弟の長男です。甲府南高校卒業後は東京にある順天堂大学に進みました。寮では体育学部の学生と同室でした。オリンピック代表が何人もいて、陸上マガジンが取材に来ていました。お正月の箱根駅伝で山梨学院と競い合う大学と言ったら分るでしょうか。ちなみに上田監督の母校でもあります。大学では、山岳部に所属していました。夜行列車を甲府で下車して、バスで南アルプスに向かう時、甲府が違って見えたものです。

 昭和59年、医師国家試験合格後は、母校の精神医学教室に入りました。そのころはまず精神病理学に興味を持ちました。また、ロールシャッハテストなどの心理検査を苦労して教わった思い出があります。1年半の精神科研修を終えて、静岡病院で半年間内科の研修を受けました。おもに一般内科と循環器の研修だったのですが、人生でこれだけ忙しかったことはありません。この体験でちょっとは体の病気に対して自信がついたと思います。その後東京にもどり、3か月間放射線科を研修しました。

 昭和61年に地元にもどり山梨医大の精神科に入局しました。假屋哲彦先生が教授をされていたころです。当時の先輩に、現在教授をされている山梨大学の本橋伸高先生、筑波大学の朝田隆先生、防衛医大の高橋祥友先生がいました。この頃から精神分析に興味をもちました。毎週、新宿まで精神分析セミナーに通いました。その後は当時、青山でクリニックを開いていた北山修先生(この間九州大学の教授を退官されました。レコード大賞をとったミュージシャンでもあります)の研究会に通い、山梨大学を定年で退官され、ご自宅で研究をされていた松井紀和先生の教育分析(勉強のために受ける精神分析)を1年間受けました。

 その後は、花園病院に移り、おもに統合失調症や認知症とその合併症の治療にたずさわってきました。統合失調症の治療は僕が医者になった頃に比べると実に洗練されました。また、認知症もかつては治療の対象ではなかったことを思うと隔世の感があります。またそれと同時に、父親の内科のクリニックの一角で、週に4コマ、おもにうつ病や神経症の治療をおこなってきました。

 平成23年7月に「あさなぎクリニック」を開院しました。開院後は、従来の疾患に加えて、発達障害(注意欠如多動性障害、自閉症スペクトラム)、一般科との境界領域の疾患(慢性疼痛、めまい、過敏性腸症候群)なども多く診るようになりました。

 平成28年6月に「リワークポルト・あさなぎ」を併設しました。うつ病で休職している方の社会復帰施設です。木曜の午後はカフェとして一般にも解放しています。

 又、介護認定委員、自立支援医療審査委員長などを行い、現在は認知症サポート医、山梨大学の学校医、甲府家庭裁判所の嘱託医、教育委員会の嘱託医、企業の産業医、平成28年からは山梨県精神科診療所協会会長や、山梨県の各種委員なども行っています。

 平成24年1月には、「人見知りが治るノート」を出版し、現在第6刷が発売中です。アマゾンの電子書籍ランキングで全タイトル中1位になり、その関連で新聞、雑誌(WITH、セブンティーン)や、テレビ(NHK教育テレビ「大人へのトビラTV」やZIP)、ラジオなどにも取り上げられました。

 妻と4人の子供の6人家族です。趣味は、読書、音楽鑑賞(クラシック、ジャズ、ロック)、古い映画(「男と女」が一番好きです)や、低い山(北八ヶ岳など)、落語(とくに立川志の輔さんと春風亭昇太さん)。スキー(下手です)



講演会アーカーブ

開催日 タイトル 概要 依頼元(主催)
/開催場所等
2017/10/11 メンタルヘルス対策における管理職の役割 山梨県教育委員会/ぴゅあ総合
2017/7/28 うつ病と不安障害 「産業医と精神科医の連携について考える会」にて。 中巨摩医師会・持田製薬/古名屋ホテル
2017/7/15 うつ病リワーク
for Everybody 2017
甲斐うつとリワーク連絡会/山梨県立図書館
2017/7/11 リワーク調査報告会 響ストレスケア・小澤こころのクリニック・あさなぎクリニック/あさなぎクリニック
2017/7/6 Mental Health Conference in Kofu・座長 「うつに伴う疼痛性身体症状の核心に迫る‐新たなエビデンスを基にした治療効果の解明‐」
藤田保健衛生大学 医学部 精神神経科学講座 教授 岩田 仲生 先生
日本イーライリリー株式会社/古名屋ホテル
2017/6/8 大うつ病の薬物療法について 東部薬剤師勉強会/大月市大商協ホール
2017/5/25 認知症初期集中支援チームに関する講演会・座長 ヤンセンファーマ/アピオ
2017/5/12 うつ病に併発する睡眠障害 心療懇談会/古名屋ホテル
2017/4/6 クリニックの統合失調症 明治製菓/明治製菓甲府支社
2017/3/17 クリニックでの発達障害の現況 心療懇談会/山梨県立図書館
2016/12/13 ストレスと心の健康 甲府南ロータリークラブ/古名屋ホテル
2016/12/12 峡東地区不眠症セミナー「新しい不眠症治療を考える」 笛吹医師会/石和名湯館糸柳
2016/10/20 山梨精神科セミナー「うつ病リワークについて~各施設の取り組み~」、特別講演「うつ病診療の現状と課題」 復職支援施設「リワークポルトあさなぎ」の特徴(心理療法的な要素を含んだプログラム設定等について。座長として第一部担当)、プログラム紹介、利用状況等について。(当院臨床心理士中村仁美 担当)、特別講演(座長として担当)、「うつ病診療の現状と課題」(信州大学医学部保健学科教授 杉山暢宏先生) 中巨摩郡医師会・ファイザー株式会社/古名屋ホテル
2016/10/16 座談会 地域で支える復職支援―職場復帰に向けた抗うつ薬の適正使用を踏まえて― 「リワークポルトあさなぎ」におけるリワークプログラム、復職に向けた抗うつ薬の使い方のコツ、患者への生活指導・環境調整・ゴール設定・復職のタイミングの見極め等について ファイザー株式会社/ヒルトン東京
2016/9/12 こころの健康のために 心療内科のトピックス、産業衛生の最近の話題(電通事件、日本の若者、ストレスチェック)、うつ病について、リワーク(復職支援)、人見知りを治す(著書:人見知りが治るノートより)、心のクセに気づく(エゴグラム)等について。 山梨中央銀行
2016/9/3 社交不安症とうつ病 SADの概念、あさなぎクリニックでのSAD(社交不安症)、SADとうつ病、人見知りと不安、認知行動療法等について。 信州SADフォーラム/ブエナビスタ
2016/9/1 うつ病と社交不安症 あさなぎクリニックでのSAD(社交不安症)、SADの診断、うつ病とSAD、SADのメカニズムと薬物療法、文化とSAD、著書「人見知りが治るノート」の紹介等。 心のケアを考える会/レジーナ河口湖
2016/8/25 ストレスチェックとうつ病 ストレスチェックと必要性について、心療内科にはどんな患者さんが来るのか、うつ病の概要、人見知り・認知行動療法について、著書「人見知りが治るノート」の紹介等。 南友経営者会・異業種交流セミナー/古名屋ホテル
2016/7/21 うつ病治療とリワークについて クリニックの紹介、うつ病について、リワークの必要性について、復職支援施設「リワークポルトあさなぎ」について、特徴・対象者・プログラム内容などの紹介。 笛吹医師会/ 石和名湯館糸柳
2016/7/7 うつ病 診察室で何が起こっているか うつ病の症状や分類、診断基準、治療等について。 診察を行う上でのチェックポイント、問診の事例、診断等について。 ファイザー製薬(社内勉強会)
2016/6/30 山梨県うつ病治療講演会 クリニックでの多面的なうつ病治療~寛解、身体、地域連携(響ストレスケアこころとからだの診療所 大橋昌資) 講演会内にて、復職支援施設「リワークポルト・あさなぎ」開設の紹介、リワークプログラム内容、対象者等について。 イーライリリー/ホテル談露館
2016/6/2 不眠症について 睡眠を取り巻く問題-不眠と身体疾患(高血圧症・糖尿病などの生活習慣病)、不眠と精神疾患(うつ病・不安障害など)、睡眠薬治療の問題(日本の現状と海外との比較)、不眠症とはー睡眠調整法、サーカディアンリズム(概日リズム)、メラトニンと体温リズム、オレキシンと睡眠覚醒のメカニズム、その他の睡眠障害-睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、ナルコレプシーなど、睡眠薬の安全性等について MSD
2016/03/24 思春期の子供に対するこれはOK?これはNG? 子供のこころの健康、虐待による脳の変化・関連する疾患、子供を取り巻く環境と周囲のサポート、子供へのアプローチと親自身の課題等について 子供サポート山梨主宰・ぴゅあ総合
2016/3/18 認知症と、うつ病 認知症の問題点、アルツハイマー型認知症・レビー小体型認知症の基礎と最新の知見、早期発見のポイント、患者へのアプローチ方法等について 第17回心療懇話会・アピオ
2016/01/28 SADとうつ病 社交不安障害(SAD)とうつ病、「人見知りが治るノート」に等ついて 持田製薬株式会社
2015/12/21 心の病気を学ぶ
いのちの電話公開講演会
労働衛生最近の話題(日本と諸外国の若者の意識調査、パワハラ労働認定、労働者派遣法改正についてなど)、どのような人が心療内科に来るのか、心の病気への誤解、うつ病・パニック障害・強迫性障害・統合失調症・解離性障害について、社会復帰支援等について 山梨いのちの電話(ぴゅあ総合)
2015/12/4 甲府市医師会認知症スキルアップ講習会
認知症最初の一歩・治療編
BPSD(認知症の行動と心理症状)とは何か、BPSDの代表的な症状、認知症とうつ病、BPSDの非薬物治療と薬物治療(向精神薬使用ガイドライン)等について 甲府市医師会
2015/9/9 メンタルヘルス講演会 心療内科のトピックス、うつ病について、産業衛生の最近の話題、こころの癖に気付く(エゴグラムの代表的なパターン)等について 山梨中央銀行
2015/9/3 認知症最初の一歩 認知症治療の問題点、アルツハイマー型・レビー小体型認知症の基礎と最新の知見、患者へのアプローチのコツ、早期発見のポイント・早期発見の意義、認知症と間違えやすい症状等について 甲府市医師会
2015/5/4 人見知りが治るノート 講演会 心療内科のトピックス、「人見知りが治るノート」(人見知りとは、日本人の人見知り、視線について、治すためには行動です)等について ジュンク堂甲府店
2015/3/5 不眠症について 睡眠を取り巻く問題、不眠と身体疾患・精神疾患、睡眠薬治療の問題、睡眠調整法、その他の睡眠障害等について 順風会(古名屋ホテル)
2015/2/26 狭東地区薬剤師認知症カンファレンス レビー小態型認知症の病態について レビー小体型認知症の臨床症状、認知機能レベルの変動、特徴等について 富士川公民会館
2015/1/30 ストレスとのつきあい方 長時間労働などの労働衛生、大雪で学んだこと、うつ病のストレス仮説、「人見知りが治るノート」等について 社会福祉協議会
2014/12/15 ストレス社会を生きる/心の健康について 心療内科・最近のトピックス、うつについて、「人見知りが治るノート」等について 岡島ローヤル会館(甲府市ロータリークラブ)
2014/11/1 働く人のメンタルヘルス対策 こころの安らぎを保つために うつとストレス、「人見知りが治るノート」等について 日本産業カウンセラー協会2014年公開講座
2014/8/7 SADの診断と治療について 大雪で学んだこと、ストレスとうつ病とパニック障害、社交不安症(SAD)の診断、「人見知りが治るノート」等について 心のケア研究会(富士急ハイランドホテル)
2014/8/2 メンタルクリニックにおける統合失調症治療の実際 当クリニックにおける統合失調症の症例、統合失調症とうつ病の鑑別等について 大塚製薬株式会社(古名屋ホテル)
2014/7/24 災害時のストレス反応 エゴグラムの代表的なパターン等について 山梨県民間病院協会
2014/7/14 「人見知りが治るノート」から 心療内科にはこのような方が来ます、うつについて、人見知りを治そう、心理テスト(エゴグラム)で心のくせを知る、等について 青中?楽部7月例会(中小企業会館)
2014/7/4 心療内科クリニックにおける統合失調症治療の実際 外来の統合失調症とうつ病との鑑別等について 大日本住友製薬株式会社(ベルクラシック)
2014/6/7 人見知りを直しましょう~社交不安障害とうつ病~ 社交不安障害とうつ病、「人見知りが治るノート」等について 自殺予防ネットワーク山梨(山梨県立大学)
2014/5/22 心療内科クリニックにおける統合失調症 外来の統合失調症とうつ病との鑑別等について 大塚製薬社内研修会
2014/5/15 人見知りとうつ病!持田製薬社内勉強会 社交不安障害(SAD)とうつ病、「人見知りが治るノート」に等ついて 持田製薬株式会社
2014/2/27 解離性障害とうつ病 ストレスとうつ病(うつ病の神経損傷仮説と解離)、解離性障害(以前のヒステリーです)について、自分の心のくせに気づく(エゴグラム)等について ベルクラシック(一宮温泉病院)
2014/1/9 心いきいきセミナー 心療内科に多い病気(特にうつ病、パニック障害、社交不安障害について)、エゴグラムで心のくせを知る等について 山梨県庁
2013/11/14 持田製薬研修会 心療内科のクリニックにはどのような患者さんが来るのか、エゴグラム等について
2013/11/7 上手に生きるために エゴグラムの活用(第1部)/自分のこころのくせを知る(第2部) 心療内科にはどのような患者さんが多いのか、うつ病になりやすい人の特徴、エゴグラムとは、エゴグラムの代表的なパターン等について 一宮温泉病院 研修会
2013/9/4 成人期ADHD治療における私の経験 ADHDとはなにか?、ADHDの診断、ADHDの治療について、症例提示等について 日本イーライリリー株式会社
2013/8/22 MDDに対するエビリファイの使用経験について MDD患者へのエビリファイ服用 1週間後の評価、エビリファイに対する問題点等について 大塚製薬株式会社
2013/7/29 自己評価の心理学 自己評価と3つの柱、自己評価のタイプの判定、自己評価と心の病等について
2013/7/25 プライマリーケアにおけるうつ病の診断と治療 エチゾラムのメリット&デメリット、うつ病の診断と治療について、抗うつ薬の使い分け等について 甲府富士屋ホテル(持田製薬株式会社)
2013/6/1 うつ病の理解と自殺予防について―自殺予防ネットワーク山梨・公開講座 山梨県の自殺者、メンタルヘルスへの誤解、うつ病の症状、男女のストレスの違い、うつ病の症例、治療等について 自殺予防ネットワーク山梨(リバース和戸)
2013/4/12 クリニックの立場から統合失調症を考える クリニックにはどのような患者さんが多いか、統合失調症と鑑別が必要な疾患 (うつ病、双極性障害、解離性障害)、リカバリー等について 統合失調症のリカバリーを考える会
2013/3/28 認知症の最新治療について 順若会 認知症治療の問題点、認知症の基礎知識、診断(認知症対応力研修カリキュラムより)、認知症の薬物療法、専門医・専門医療機関に期待される役割等について 古名屋ホテル(順若会)
2013/3/7 外来診療におけるエビリファイの使用経験 エビリファイを最初に処方した統合失調症患者の症例、双極性障害の可能性が高いうつ病の特徴等について
2013/3/2 不眠症について 不眠の症状、睡眠に関する誤解、不眠を起こしうる身体疾患、睡眠薬等について 医療懇話会(山梨県立文学館)
2013/2/28 プライマリーケアにおけるうつ病の診断と治療 エチゾラムのメリット&デメリット、うつ病の診断と治療について、抗うつ薬の使い分け等について 心のケアを考える会(ホテルレジーナ河口湖)
2013/2/21 うつ病の地域連携を考える会~整形外科編~ エチゾラム(デパス)のメリット&デメリット、線維筋痛症について、うつ病等について 古名屋ホテル(大日本住友製薬株式会社 )
2013/1/30 うつ病の理解と自殺予防 自殺予防ネットワーク山梨公開講座 うつ病の症状、うつ病の精神療法の基本、うつ病の人への接し方、自殺に関する誤解、日本に自殺が多い理由、死のトライアングル うつ病・アルコール・自殺、うつ病の治療(精神療法以外)等について
2012/11/1 うつの診断と治療のこつ うつ病の診断の変遷、自殺者の増加、うつ病の精神療法・身体治療、自殺とSSRI、SSRIの問題点等について ファイザー製薬株式会社
2012/9/6 仕事とストレス ストレスの対処法 メンタルヘルス・自殺に関する誤解、管理者の自殺増加、うつ病の症状・治療、うつ病の人への接し方、新型うつ病、エゴグラム等について 宮入バルブ製作所
2012/8/9 認知症薬物療法のポイント 認知症の治療、抗認知症薬の特徴、BPSDの代表的な症状等について
2012/7/26 認知症について 認知症治療の基本的知識・診断・治療とケア・連携等について 甲州リハビリテーション病院
2012/3/27 かかりつけ医認知症研修会 認知症治療の問題点 、かかりつけ医認知症対応力研修の標準的カリキュラム(基本知識編、診断編、治療とケア編、連携編)、抗認知症薬等について 甲府市医師会
2012/3/15 うつ病について うつ病の診断の変遷・主要な症状、古典的なうつ病と現代的なうつ病、うつ病の原因、抗うつ薬の使い分け等について

 ※ 講演会のご依頼について

講演会のご依頼の際には、診療時間内に下記までご連絡をお願いいたします。
< あさなぎクリニック・ 055-227-1000>





メディア掲載情報

■ 2016年

12月【EFFEXOR SR TIMES】
 地方都市での復職支援と、イフェクサーSRに期待される「働ける」ための処方
10月24日【山梨日日新聞】 うつ病からの復職支援・患者同志で経験分かち合う

<内容>復職支援施設「リワークポルトあさなぎ」の紹介 プログラム紹介、リワーク導入の流れ、課題等について。

8月8日【朝日新聞】 人見知りを克服する

<内容>人見知りを克服するための3ステップ等を紹介。
①自分が苦手な状況をしっかり認識する→②決めつけるような考え方のクセを改める→③自信をつけるための実践練習を行う。
人見知りの根底にあるのは「自己評価の低さ」。練習を続け小さな成功体験を積み重ねることで次第に自己評価が高まり、克服につながる。
緊張をしずめる方法として、「冷水法」、「呼吸法」の紹介など。

7月5日【ぷちこみ Vol 218】 リワークポルトあさなぎ開設について

<内容>インタビュー記事の掲載(復職支援施設とは。プログラム内容の紹介。リワークポルトあさなぎの特徴などについて)

5月10日~6月18日■暮らし総合欄「人見知り克服 会話重ねて」
【共同通信社の取材により各紙へ掲載(中國新聞、秋田さきがけ新聞、神戸新聞、愛媛新聞、信濃毎日新聞、下野新聞、岩手日報、岐阜新聞、大阪日日新聞、茨城新聞、長崎新聞、日本海新聞、河北新報、京都新聞、埼玉新聞、福島民友、静岡新聞、山陰中央新報)】

<内容>新しい環境において人間関係を深めていくためのアドバイスや意識の工夫等について、著書「人見知りが治るノート」紹介

5月18日【山梨日日新聞】暮らし総合欄「人見知り どう克服?」

<内容>新しい環境において人間関係を深めていくためのアドバイスや意識の工夫等について、著書「人見知りが治るノート」紹介

5月 9日【YBSテレビ】山梨ライブ てててTV
「あなたの心の病度をチェック!注目のうつ病復職支援施設とは」

<内容>復職支援施設「リワークポルト・あさなぎ」開設の紹介、リワークプログラムの紹介やうつ病症状チェック等について

2月10日【集英社】 MEN'S NON-NO 3月号「人見知らずに俺はなる」
2月 3日【YBS山梨放送】 はみだし しゃべくりラジオ キックス
「甲府駅前いしい便利軒」アルバイト・ナカジの犬嫌いを克服しよう!!その2
1月 山梨いのちの電話「こころの病気を学ぶ」
1月14日【NHK Eテレ】 オトナへノベル
 レン先生の秘密の保健室 Part 2 コミュ障脱皮宣言! <今だ!人見知り克服大作戦>

■ 2015年

12月23日【YBS山梨放送】 はみだし しゃべくりラジオ キックス
「甲府駅前いしい便利軒」アルバイト・ナカジの犬嫌いを克服しよう!!
10月「甲府市医師会報 10月号」
9月 1日【研修出版】「月刊OLマニュアル 3月号」
5月14日【山梨日日新聞】 「5月病の特効薬」
3月28日【講談社】「With 5月号」
2月26日【NHK Eテレ】「オトナへのトビラTV 」 脱!人見知りプロジェクト

■ 2014年

11月27日【山梨日日新聞】扉の向こうへ 第3部 医療に何ができるか(山梨発引きこもりを考える)
6月21日【FM富士】SATURDAY☆NAVIGATION
6月20日【山梨新報】行動で自信をつける 現実的思考と自己主張で
6月 8日【朝日新聞】人見知りの治療 不安軽減策紹介
5月30日【毎日新聞】 地方版「人見知りを治しましょう 社交不安障害とうつ病」
4月25日【YBSテレビ】「山梨ライブ てててTV」 <特集>山梨忘れ物事情2014
4月17日【NHK総合テレビ】「まるごと山梨」
4月 1日【集英社】「セブンティーン 5月号」 脱人見知りマニュアル
3月20日【日本テレビ】朝の情報番組「ZIP!」のハテナビに出演
3月17日【オレンジページ】「からだの本」
3月 7日【山梨日日新聞】災害に備え「心の訓練」(大雪の際の記事です)
2月10日【読売新聞】 「人見知り」精神科医が処方箋(指南書出版)
1月23日【YBSラジオ】「浅川初美のラララモーニング・ざぶとん亭ばばちゃんのラララショータイム」
【毎日新聞】


 ※ 雑誌・番組等での取材について(報道・メディア関係者の方へ)

クリニックの取材及び医師のラジオ・テレビ等の出演のご依頼につきましては
診察時間内に下記までご連絡をお願いいたします。
< あさなぎクリニック・ 055-227-1000(担当:草地)>






著書のご紹介
「人見知りが治るノート」

「人見知りが治るノート」 (反田 克彦著・すばる舎)

人見知りは、とっても大勢います。ご安心ください。人見知りは練習すれば治ります。けっして難しくありません。自分一人で練習できます。
それほど人見知りではない方は、さまず4章から終わりまで読んでから、1章へ戻るのがお勧めです。
これまでにありそうでなかった新しいジャンルの本です。臨床での経験が詰まっています。
人見知りの方も、人見知りの同僚の気持ちが知りたい方も、就職や受験の面接に臨む方、自分の気持を素直に相手に伝えるのが苦手な方もどうぞ。

◆「人見知り」に関するテレビ特集DVDを作成しました
「人見知りが治るノート」出版に伴い、テレビ出演させていただきました。その内容を収録したDVDを無料で差し上げています。
ご希望の方はクリニックまでどうぞ。



スタッフの紹介

臨床心理士 : 中村 仁美(なかむら さとみ/ Satomi Nakamura)

資格・所属学会など
臨床心理士
日本心理臨床学会
山梨県臨床心理士会
日本ロールシャッハ学会
うつ病リワーク研究会

1人で乗り越えるのが難しいこと、誰でもあると思います。困っていたり、悩んでいたり、辛いとき、どうしていけるかゆっくり一緒に考えていきましょう。
臨床心理士 : 飯島 アヤコ(いいじま あやこ/ Ayako Iijima)

資格・所属学会など
臨床心理士
日本心理臨床学会
山梨県臨床心理士会
精神分析学会
「安心感の輪」子育てプログラム ファシリテーター
うつ病リワーク研究会

悩みや不安は人それぞれだと思います。お一人お一人に合わせた解決方法を一緒考え、自分らしく生きるためのお手伝いができたらと思います。
臨床心理士 : 手川真由美(てかわ まゆみ/ Mayumi Tekawa)

資格・所属学会など
臨床心理士
日本心理臨床学会
山梨県臨床心理士会
日本ロールシャッハ学会

自分自身と向き合い、“自分らしいhappy”を見つけていく課程を、共に感じ、共に考えていけたらと思います。
臨床心理士 : 牛山 茜(うしやま あかね/ Ushiyama Akane )

資格・所属学会など
臨床心理士
日本心理臨床学会
山梨県臨床心理士会
うつ病リワーク研究会

自分と向き合っていく中で、自分らしさを見つけるお手伝いができればと思っています。一緒に考え、時には一緒に悩みながら、自分らしい解決方法を探していきましょう。

臨床心理士によるカウンセリングを行っております。詳しくはカウンセリングのご案内をご覧ください。

ページトップへ
診察案内 Guide
地図
<診察時間>月・水…(午後)3:00~7:00 ※水曜は8:00まで、火・木・金…(午前)8:30~12:30 (午後)3:00~7:00 ※木曜の午後は2:00~6:00まで、土…(午前)8:30~12:30 ※日曜・祝祭日は休診ご予約・お問い合わせ 055-227-1000 ※お電話は診察時間内にお願いいたします